不労所得、素敵な響きですが現実で株の配当金だけで生活することは可能なのでしょうか?そんな株について調べてみましょう。

注目したい株はテーマを絞って選ぶと良い

注目したい株はテーマを絞って選ぶと選びやすいし、利益を獲得しやすいともいえるでしょう。
例えばこれから自動車関連の業界が成長するとすれば自動車関連株を探していくということが出来るわけです。

個別の銘柄でどこの株が値上がりしそうかと考えると、これはとても大変です。
どこのどんな情報収集をすればいいのかなど、考えることは有り余ってくることになるでしょう。
自動車業界は成長しそうでも、個別の銘柄となるとかなり難しいことになってきます。
しかし、テーマを絞り込んでいくと、銘柄選びはかなり楽になります。

業種で選んでいくのもいいですし、分野で選んでいくのもいいでしょう。
その利用法を組み合わせていくこともあるでしょう。

例えば、これからは自動車業界が注目だとします。テーマは自動車ということになるでしょう。
次には電気自動車の分野で銘柄を探すということも出来るようになります。
将来は電気自動車の時代になるとなれば、これは電気自動車関連は全体的に潤ってくるだろうということが考えられるようになります。

また、別の例を挙げるとこれから世界的には人口が増えるので水不足がさらに深刻になるだろうと考えれば、水の事業をしている業種を考えていくということも出来ます。
そうなると、どんどんと銘柄を絞り込んでいくことも出来るでしょう。
やるべき情報収集も水事業に絞って情報収集すればいということになります。

株は将来への期待度が株価になっているとよく言われます。
ですから、将来どういう需要があって、どういうものが必要になるのかということをテーマとして考えていくと、分かりやすいのです。

個別の銘柄に固執して、この企業の業績はどうなのか、企業体質はどうなのかと考えていくと、全く見えなくなることにもなります。
もっと広い目で世界の需要がどういうものになるのか、そして、その需要に応えることが出来るのかどうかという目で見ていくと、テーマも見つけやすいでしょう。

一過性の人気テーマ株には注意

株で注意すべきは一過性のものです。
一時的にびっくりするほどもてはやされますが、直ぐにしぼんで後は音沙汰無しというようなことになってしまうものがあります。

こうした株を選んでしまうリスクがあるということです。こうした一過性の株はある特徴もあります。
それは、人気が急激に出てきて、びっくりするほど評価されるということです。
何があったのかというぐらいに評価されます。
そうした株を買ってしまうと、人々の熱が冷めたときにあっという間に暴落して大きなリスクを背負うことになります。

こうした一過性の株を買ってしまうことの内容にすることが大切です。
そのためには、その事業が次世代でも続いていくものなのかどうかを考えることが必要です。
つまり、長期的に人気を継続できるのかどうかを考えることが大切なのです。
人はよく過剰に評価をするものです。

いいと聞くと必要以上にいいと考えてしまいますし、悪いと聞くと必要以上に悪い評価をします。
株についてもこれは同様です。
ちょっとでもいいという情報が入るとあっという間に株価は上昇し、悪いというとあっという間に下落していきます。

一過性の株はこの暴騰や暴落が激しいということも特徴の一つです。
ですから、株を買うときには、事業内容などもしっかりと考えて、今の人気は一過性なのかどうか、次世代まで続いていくような事業内容なのかどうかなどもしっかりと考えていく必要があります。

暴騰しているということは、それだけ人気が高まっているということですが、その人気は確たる根拠のあるものなのかどうかをしっかりと見極める必要があります。
場合によっては人為的に作られた人気の場合もありますから、そうした株には手を出さないようにすべきです。