不労所得、素敵な響きですが現実で株の配当金だけで生活することは可能なのでしょうか?そんな株について調べてみましょう。

株主優待だけで生活してる桐谷さん

以前から投資雑誌に載っている事が多かったので、投資をしている方ならご存知の方もいると思います。
最近は、テレビなどのメディアに出るようになり、自転車を漕ぐ姿などの独特なキャラクターが受け、幅広い人達に知られるようになった桐谷さん。
チロルチョコや子供向けのガチャガチャも販売されていると言う人気ぶりです。
元々は、将棋棋士でしたが、2007年に現役を引退し、現在では生活の殆どを株主優待で生活しているそうです。

株を始めたきっかけは、将棋棋士時代に証券会社へ将棋を教える機会が多く、そこで色々と株について教わったのがきっかけだそうです。
現在では、家賃や光熱費以外は現金を使うことなく、株式優待で貰える食事券や割引券、日用雑貨、食品を上手に使い生活をしています。
雨の日も交通機関は使わず、自転車移動と言う徹底ぶりです。
株主優待だけで生活できるのは、羨ましい限りです。
そんな桐谷さんでもリーマンショックや国内情勢などが原因で大きな損失を出していますので、株で生活するには、簡単ではなく、それなりのリスクがあると言う事でしょう。

株によっては一度に購入できる株数も違い、数万円で購入できる株から数百万円で購入する株と色々あります。
桐谷さんがオススメする株もあるので、参考にして購入する方も居るのではないでしょうか。
桐谷さんが購入する時のルールとしては、購入価格が100万円以下の株、株主優待が魅力があるもの、そして重要なのが倒産リスクが低いものだそうです。

確かに、株主優待に魅力があっても、万が一会社が倒産してしまうと、株の価値は無くなってしまいます。
倒産までは行かないものの、経営悪化が理由で株主優待が途中で廃止される事もあるようなので、株を購入する前に、どんな企業か、将来的に伸びる要素が業績チェックを行うなど、きちんと調べた上で株を購入するようにしましょう。
国内のみならず、国際情勢でも株は変動しやすいので、ある程度のリスクがある事も理解した上で始めましょう。また、信頼のおける証券会社を選ぶ事も大切です。

お得な株主優待には何がある?

株は、証券会社に口座を作ることが出来れば、初心者でも始めやすい投資の1つだと思います。
将来を見据えて余裕資金がある場合、もっと資金を増やす目的にも使われていますが、株を持つ上での魅力は、やはり株主優待ではないでしょうか。

中には、株主優待が無い企業もありますのでしっかり確認してから購入しましょう。
殆どの株の権利確定日が定められており、株を持っている期間が短くてもこの時期に株を持っていれば、株主優待が受けられます。
持ち株数によって、株主優待を受けられるランクも異なります。主婦に人気なのが、食品メーカーや生活日用品を取り扱う株の株主優待である食品や生活必需品でしょうか。
普段スーパーで購入するものが株を持っているだけで、缶詰やギフトセットなどの食品や洗剤やお米などの生活必需品が送られてきますので、生活費を節約する事が出来るため注目されています。

また、レストランや飲食店を経営する企業では、食事券や割引券が発行されます。
企業が経営するレストランやチェーン店で利用することが可能なので、出費を抑えながら美味しい食事ができる事で人気があります。
金券やクオカードが貰える株式優待もあります。金券やクオカードはコンビニやファミリーレストランでも幅広く利用出来るため大変便利です。
これらの株式優待は、どのような株を保有すれば貰えるのでしょうか。

色々な企業がありますが、一例として大手放送局や介護大手企業、時間貸し駐車場の管理会社などがあります。
日本の株式市場で購入できる銘柄は、国内だけでも4000銘柄有ると言われています。海外の銘柄を入れると、当然ながらもっと増えます。
どの株に投資して良いのか分からない場合は、まずは自分の知っている、或いは気になる業界から選んでみると良いでしょう。