不労所得、素敵な響きですが現実で株の配当金だけで生活することは可能なのでしょうか?そんな株について調べてみましょう。

株の短期取引デイトレードで儲けよう!

株の取引には様々な方法がありますが、短期間の取引となるデイトレードならばリスクを抑えて利益を生むことが可能です。
株式相場では時に大きな変動を見せることがありますし、ポジションを抱えていると損失も膨らむリスクがあります。
けれども短い取引であるデイトレードならば、そのような大きな相場の流れに巻き込まれることがありません。
その日のうちに損益を確定させるので、安心して資金管理ができるようになります。

また株を保有していると、夜間の海外の動きによっては寄り付きから大きく下落するケースも見られます。
このような状態となれば、大幅に損切りしなくてはなりません。
もちろんデイトレードを行うためには、いくつかの課題もあります。

まず基本的にパソコンの前で作業を続けることになるので、日中に仕事がある人は行うことはできません。
また細かな株の値動きを見て売買するので、短期的ではあっても相場の方向感をつかむ分析力とセンスが必要です。

さらに予想に反する動きを見せる時には、すぐに損切りをすることも大切です。
デイトレードは細かな利益を積み重ねる取引手法なので、ちょっとした損失でも精神的なダメージがあります。
強い精神力を持って資金のコントロールをする必要があります。
長期的に利益を生み出せる実績があれば安心できますが、始めたばかりの頃は精神力を問われることになります。

デイトレードのメリットは、ほとんど資金を残しておけるのでチャンスがあればすぐに取引できる資金効率の良さが挙げられます。
保有することで株が下落して塩漬けとなれば、新たなチャンスが生まれても取引することができません。
その代わりに大きな相場の流れには乗ることができないので、大幅な利益を出すことはできません。
この点に関してはデメリットであるとも言えます。少しずつ利益を積み上げる必要があるので、忍耐力も必要となります。
けれども大きな損失を出すこともないので、資金を一気に失うことがないのはメリットと言えます。

上級者向け!スキャルピングはさらに短い取引

デイトレードでも、さらに短い取引を行うスキャルピングという手法があります。
これはほんのわずかな値動きでも利益を確定させる方法となり、わずか数分から数十秒で損益を確定させるものとなります。
株式相場は時に大きく動くことがあるために、保有を続けることにはリスクが伴います。

大きな下落を見せる場面では、買い手がつかないことにより大きな損切りとなることがあります。
短期間での取引が特徴のデイトレードであっても、この急激な変動には対応できないことがあるわけです。
けれどもスキャルピングを行うことによって、そのような大きな変動に巻き込まれるリスクを軽減させることができます。
1日の中で何度も取引をすることになりますが、利益を積み上げていけるので資金効率も良くなります。

ただしスキャルピングでのデイトレードで銘柄選びは大切で様々な銘柄を同時にチェックして、チャンスが生まれる株を見つけ出す必要があります。
そのための設備と時間を確保しなければならないのはデメリットと言えます。
相当な集中力と精神力も必要になるので、スイングトレードと比べると疲労感を感じることにもなります。
けれども1日のうちに損益を確定させて終えることができるので、安心して次の日を迎えることができるのはメリットと言えます。

夜間の海外相場の動きを気にすることはありませんし、じっくりと翌日の取引の戦略を練ることもできます。
スキャルピングはわずか1円単位の値動きを利用して利益を得ることになるので、損切りも即座に行えるようにする必要があります。
長期的に資金を増やし続けるための戦略も必要なので、どのようにして銘柄を選ぶのかといったノウハウも必要です。
学ぶべき技術も多く精神力も求められますが、安心して資金運用ができる取引であると言えます。